大宮、数的不利も3回戦進出 胸張る高山「ベンチ入りした試合は負けていない」

[ 2016年9月7日 22:44 ]

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦 大宮1―0鳥取

(9月7日 NACK)
 大宮が1―0でJ3鳥取に勝って3回戦に進出した。

 10日に広島とのリーグ戦(Eスタ)を控え、主力を温存。前半26分に山越が退場処分を受け、10人での戦いとなったが、後半6分にFKからペチュニクが右足で決勝ゴールを決めた。

 「10人になって逆にやることがはっきりした。久々に出た選手がしっかりプレーしてくれた」と渋谷監督も満足そう。センターバックとして90分間奮闘した20歳の高山も「僕がベンチ入りした試合は1度も負けていない。ピッチに立つとパワーをもらえる。またチャンスをもらえたら面白いサッカーをしたい」と笑顔だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月7日のニュース