なぜ?J3富山、異例のシーズン2度目GKコーチ交代 後任未定

[ 2016年9月7日 22:17 ]

 J3富山は7日、鶴田達也GKコーチ(33)が退任すると発表した。鶴田GKコーチから辞任の申し出があり、クラブが受理した。後任は決まりしだい発表するとしている。富山では4月にもGKコーチが交代しており、今季2度目となる異例のGKコーチ交代となる。

 鶴田GKコーチは静岡県出身で、清水ユースから2001年にトップチームへ昇格。その後、甲府、愛媛でもプレーし、2012年に富山で現役を引退。14年から富山で下部組織のGKコーチを務めていたが、今年4月に浜田堯(たかし)前GKコーチ(36)との交代でトップチームのGKコーチに昇格していた。

 富山は今季から三浦泰年監督(51)が就任。現在J3リーグ戦4位と健闘しており、20試合で17失点にとどまっている。浜田前GKコーチは三浦監督とともに今季就任したばかりだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月7日のニュース