J2讃岐 MF岡村和哉が両膝前十字靱帯断裂で手術、全治不明

[ 2016年9月7日 14:15 ]

 J2讃岐は7日、MF岡村和哉(28)が両膝前十字靱帯断裂と診断され、9月3日に高松市内の病院で手術を受けたと発表した。全治までに要する期間は発表されていない。

 岡山県出身の岡村はC大阪U―18、大阪学院大を経て2010年にJ1熊本入り。11年からJ2長崎、13年から讃岐でプレーし、今季は副キャプテンを務めている。今季J2リーグ戦24試合に出場(0得点)している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月7日のニュース