欧州王者ポルトガルは初戦黒星 ロナウド不在でスイスに零敗

[ 2016年9月7日 08:42 ]

スイスのDFリヒトシュタイナー(右)と競り合うポルトガルのナニ(AP)

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会欧州予選は6日、スイスのバーゼルなどで行われ、今夏の欧州選手権を制したB組のポルトガルは、アウェーでスイスに0―2で敗れた。エースのC・ロナウドを負傷で欠き、攻撃陣は決め手がなかった。

 A組では欧州選手権準優勝のフランスが、敵地でベラルーシと0―0で引き分けた。H組ではベルギーがキプロスを3―0で破って白星発進。W杯予選初参加のジブラルタルはホームでギリシャに1―4で屈した。

 5日に悪天候のため、1―1の後半途中で中断されたG組のアルバニア―マケドニアは、アルバニアが2―1で制した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年9月7日のニュース