神戸 FW小川慶治朗が全治3カ月 浦和戦で骨折、手術受ける

[ 2016年9月6日 19:43 ]

 J1神戸は6日、FW小川慶治朗(24)が右第2中足骨骨折と診断され、今月5日に兵庫県加古川市内の病院で手術を受けたと発表した。全治までは約3カ月かかる見込みで、今季中の復帰は厳しくなった。

 小川は4日に埼玉スタジアムで行われたYBCルヴァン杯の準々決勝第2戦・浦和戦で負傷し、 さいたま市内の病院にて検査を行った結果、右第2中足骨骨折と診断された。

 今季はJ1リーグ戦7試合に出場、1得点をマークしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月6日のニュース