横浜 ファビオが肉離れで全治3~4週間 MF喜田は全治3週間

[ 2016年9月6日 14:18 ]

 横浜は6日、DFファビオ(27)が左長内転筋肉離れで全治3~4週間の見込みと診断されたことを発表した。

 ファビオは8月31日に行われたYBCルヴァン杯準々決勝第1戦・大宮戦で負傷し、今月2日に川崎市内の病院で検査した結果、左長内転筋肉離れと診断された。

 また、左足首を負傷していたMF喜田拓也(22)が5日に川崎市内の病院で左足関節内遊離体摘出術を受けたことも発表した。全治3週間の見込み。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年9月6日のニュース