岡崎 UAE戦の攻撃反省「単調で外使えなかった」

[ 2016年9月6日 06:48 ]

リフティングをする岡崎

W杯アジア最終予選 日本―タイ

(9月6日 バンコク)
 FW岡崎がUAE戦の単調な攻撃を反省した。圧倒的に攻めながら追加点が奪えず「単調な攻めが多く、外が使えなかった。中、中だと相手も締めてくる。外を起点に攻撃の形をつくる」と力説。

 そのUAE戦で右くるぶし付近を打撲して浅野に先発を譲る可能性もあるが、ゴールを決めれば代表通算50点目に到達。途中出場での得点では大黒らに並んで日本歴代2位タイの4点目にもなる。「必要なのは勝つこと。次につながるようにしたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年9月6日のニュース