J2町田 主力選手2人と突然の契約解除 ともに一身上の都合で

[ 2016年8月24日 17:57 ]

 J2町田は24日、MF鈴木崇文(29)、DF三鬼海(23)の2選手と、双方合意のもと8月23日付けで解約解除したと発表した。ともに一身上の都合としており、すでにチームを離れたとしている。

 茨城県守谷市出身の鈴木崇は、桐蔭学園高、東京学芸大を経てJFL時代から町田でプレー。三重県桑名市出身でJ1名古屋の下部組織で育った三鬼もJFL時代から町田でプレーし、期限付き移籍で昨季プレーしたJ2長崎から今季戻ったばかりだった。ともに主力選手で、今季リーグ戦には鈴木崇が24試合に出場して2得点、三鬼は19試合0得点の成績を残していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年8月24日のニュース