インテル黒星開幕 悔しい長友「時間がない中で…簡単ではなかった」

[ 2016年8月22日 08:49 ]

 サッカーのイタリア1部リーグ、セリエAは21日、開幕節が各地で行われ、インテル・ミラノの長友佑都は敵地でのキエーボ戦にフル出場した。試合は0―2で敗れた。

 リーグ開幕直前にデブール新監督を迎えたインテル・ミラノは無得点に終わり、初戦に敗れた。長友は「悔しい。監督が代わって時間がない中で、なかなか簡単ではなかった」と率直に振り返った。

 監督の狙いがチームに浸透するには、まだ時間がかかるとみている。「試合をやるごとに修正点、課題が出てきたりするものなので、徐々に良くなってはくるかなと思う」と話した。

 ACミランの本田圭佑はホームでのトリノ戦にベンチ入りしたが、出番はなかった。チームは3―2で勝った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年8月22日のニュース