南野 右足首痛強行出場も結果残せず「個人として物足りない」

[ 2016年8月12日 05:30 ]

右足首痛もスウェーデン戦に強行出場した南野(AP)

リオデジャネイロ五輪サッカー男子1次リーグB組 日本1―0スウェーデン

(8月10日 サルバドル)
 南野は、右足首痛を押して右MFで強行先発を果たしたが、結果を残せないまま途中交代となった。前半24分にはミドルシュートを放ち、同32分にはFW興梠へのパスを通し好機を演出。だが、次第に消える時間も長くなり、後半12分にピッチを退いた。今

 大会、好調をキープしてきたとはいえ「個人としての結果も物足りない」と厳しい自己評価。「この悔しい気持ちをぶつけるのはA代表しかない」と必死に前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年8月12日のニュース