PR:

矢島 初勝利を呼び込む決勝点も「コロンビア戦に決めていれば…」

<日本・スウェーデン>後半20分、今大会初勝利を呼ぶゴールを決める矢島

リオデジャネイロ五輪サッカー男子1次リーグB組 日本1―0スウェーデン

(8月10日 サルバドル)
 MF矢島が今大会初勝利を呼び込む決勝点を奪った。0―0の後半12分にMF南野に代わって途中出場。迎えた同20分、左サイドを突破したMF大島のクロスに対してゴール前に飛び込み「当てるだけだった」と右足で冷静に流し込んだ。

 自らの五輪初得点に「点を取れたことは良かった」と振り返りながらも、決勝トーナメントに進めなかったことで満足感はない。「コロンビア戦のチャンスを決めていれば、というのがあった。やるのが遅かった」と悔しさをあらわにした。今大会のメンバー18人の中で唯一、J2(岡山)で戦う矢島。それでも、チーム立ち上げから招集され続けるなど、手倉森監督の信頼は厚かった。今後に向けて「五輪に出た経験を無駄にしたくない。はい上がっていきたい」とさらなる成長を誓った。

[ 2016年8月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月21日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム