J2町田“絶対エース”鈴木孝司がアキレス腱手術 全治半年で今季絶望

[ 2016年8月11日 17:35 ]

 J2町田は11日、FW鈴木孝司(27)が左アキレス腱損傷のため8月8日に神奈川県内の病院で手術を受けたと発表した。全治まで約半年かかるとしており、今季中の復帰は絶望的となった。

 鈴木は8月7日に行われた明治安田生命J2リーグ第27節・山口戦(町田)の前半41分に負傷交代していた。今季はここまで25試合に出場し、リーグ4位タイの12ゴールをマーク。町田は今季のチーム総得点が35点で、鈴木孝がそのうち約3分の1を叩き出していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年8月11日のニュース