手倉森J 初戦のナイジェリアの現地入りが4日にずれ込む

[ 2016年8月4日 11:44 ]

 日本と初戦でぶつかるナイジェリアのマナウス入りが、試合当日の4日にまでずれ込んだが、選手たちは冷静に受け止めていた。オーバーエージ枠の藤春(G大阪)は「向こうは1カ月前から始動しているらしいので、相手どうこうじゃなく自分たちがやるだけ」と気にするそぶりはなかった。

 植田(鹿島)も「油断することはない。そういうところから隙を突かれるので」と、初戦へ高い集中力を保っていた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年8月4日のニュース