ナイジェリア到着遅れ 当初は7・29着予定が“異例の事態”

[ 2016年8月4日 05:30 ]

リオ五輪サッカー男子1次リーグB組 ナイジェリア―日本

(8月3日 ブラジル・マナウス)
 初戦の対戦相手・ナイジェリアが、試合2日前になっても開催地のマナウス入りしない異例の事態となった。

 2日午後、合宿地の米国・アトランタから到着する予定だったが、姿を現さなかった。組織委の広報担当者は「出発が遅れている。到着は3日午後になる」と明らかにした。当初は7月29日にマナウス入りする計画だったが、財政難から航空券を用意できずに断念。シアシア監督は、南アフリカのメディアに「合宿に入ってから資金を受け取っていない。金を払わなければ、我々の五輪は終わってしまう」と懸念を示している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年8月4日のニュース