塩谷 4―3―3の経験少ないがライン修正誓う 

[ 2016年8月4日 05:30 ]

リオ五輪サッカー男子1次リーグB組 日本―ナイジェリア

(8月4日 ブラジル・マナウス)
 DF塩谷はラインコントロールの修正を誓った。戦術練習ではDF植田と主力組のセンターバックを形成。ブラジル戦を含めた課題として「ラインの上げ下げができなかった。コンパクトにしないとボールを取りにいけない」。

 4―3―3の経験は少ないが「一つのフォーメーションでは勝ち上がれない。やっていくことが大事」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年8月4日のニュース