磐田MF小林 ヘーレンフェインと近く合意 年俸問題解決へ

[ 2016年7月23日 06:30 ]

オランダ1部ヘーレンフェインへの移籍が決定的となったMF小林

 磐田の日本代表MF小林祐希(24)が、近日中にもオランダ1部へーレンフェインに移籍する可能性が高まった。複数の関係者が明かした。近日中にもサインする見通しという。

 17日・川崎F戦を同クラブのゲリー・ハムストラSDが視察。前半45分間だけでスタジアムを後にしたが、小林が「今日はずっと良かった」と話した通り圧倒的なパフォーマンスを披露した。細部の交渉がまとまれば、23日のアウェーの横浜戦か、30日のホーム柏戦が国内最終戦になる。

 一部のオランダ地元紙では日蘭通商航海条約のルール変更(来年1月1日以降)に伴い、小林もEU圏外出身選手に適用される「最低年俸規定」(40万ユーロ、約4700万円)の対象になり、高額年俸がネックになっていると報じられた。だが今夏に契約した選手においては、その時点での年俸が来年以降も適用されることが判明。移籍への障害は少なくなった。“本田2世”の呼び声高い逸材が、やっと海を渡る時が来た。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年7月23日のニュース