川崎F 第2S初戦へ向け3ボランチ試す!大塚「やりやすい」

[ 2016年6月29日 05:30 ]

 川崎Fが第2ステージ初戦の仙台戦へ向けて、3ボランチにトライした。

 ネットをアンカーに、大塚と三好がその前に入り、前線には大久保、小林、中村。第1ステージ最終節の大宮戦ではトップ下の大塚も「後ろから上がっていけるので、やりやすい」と歓迎した。腰と背中を痛め、第1ステージ第16節を欠場し、大宮戦で復帰した中村は、患部の痛みについて「(最も痛かったときと比べ)20%ぐらい」と明かした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2016年6月29日のニュース