名古屋 OBの大森征之氏がチーム統括部強化・補強担当に就任

[ 2016年6月28日 22:14 ]

 J1名古屋は28日、OBの大森征之氏(39)がチーム統括部強化・補強担当に就任すると発表した。

 埼玉県出身の大森氏は1976年11月9日生まれの39歳。鳥栖を経て1998年から名古屋に在籍し、2008年シーズンを最後に現役を引退した。

 クラブを通じ「11年間選手としてプレーさせていただきました名古屋グランパスで、チーム強化に携われることをとても光栄に思っております」と挨拶。

 「いつも応援してくださるファン・サポーターの皆様、グランパスに関わる全ての方々のために、広い視野で冷静にチーム状況を分析し、情熱を持ってチーム強化に全力で取り組みたいと思っております。不慣れな部分もございますが、みなさまのお力添えをよろしくお願いいたします」と抱負を述べた。

 今季からOBで元日本代表FWの小倉隆史監督(42)が率いる名古屋は明治安田生命J1リーグ第1ステージを18チーム中14位で終了。現在8戦勝ちなしと苦戦が続いている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年6月28日のニュース