U―23日本、五輪前国内最終戦へ調整 手倉森監督「心意気示す」

[ 2016年6月28日 17:28 ]

南アフリカ戦を前に記者会見するサッカー男子U―23日本代表の手倉森監督

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子のU―23(23歳以下)日本代表は29日午後7時半から、長野・松本平広域公園総合球技場で行われる国際親善試合で五輪出場国のU―23南アフリカ代表と対戦する。

 28日は試合会場で最終調整し、浅野(広島)と中島(FC東京)が2トップを組む布陣での攻撃やセットプレーを確認した。合流が遅れていた松原(新潟)が加わり、左肘痛の遠藤(浦和)は別メニューだった。

 本大会前の国内最終戦で7月1日に迫った代表発表に向け、23歳以下の選手を見極める場となる。記者会見した手倉森監督は「この試合が終われば、五輪への思いを託す人と託される人に分かれる。U―23世代だけで戦う最後の試合。心意気を示す」と述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年6月28日のニュース