J2水戸 J2山口からDF福井が期限付き移籍「自分の力を最大限発揮」

[ 2016年6月28日 15:42 ]

 J2水戸は28日、J2山口からDF福井諒司(28)が期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。期限付き移籍期間は2016年7月1日から2017年1月31日まで。なお、移籍元である山口と対戦するリーグ戦には、山口が昇降格・プレーオフに関わらない場合においてのみ出場可能となる。背番号は33に決まった。

 兵庫県出身の福井はG大阪ジュニア、C大阪U―15、U―18、福岡大を経て2010年にJ2東京V入り。その後、J2北九州、J1柏、再びJ2東京Vを経て今季からJ2山口に加入したが、今季ここまでJ2リーグ戦出場はなかった。リーグ戦の通算成績はJ1が3試合0得点、J2が82試合5得点。

 福井は水戸を通じ、「はじめまして。レノファ山口から移籍してきました福井諒司です。この度はシーズン途中でありながら声をかけていただいたことに感謝しています。水戸ホーリーホックのために自分の力を最大限発揮できるように頑張ります。よろしくお願いします」とコメント。

 山口を通じては、「この度、水戸ホーリーホックに移籍することになりました。山口のサポーターやファンの方々にはいつも熱い応援をしていただきありがとうございます。たった半年の期間でしたが山口の街が好きになりました。チームは変わりますが、これからも応援していただければ幸いです。ありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年6月28日のニュース