香川“生涯代表”宣言!メッシPK失敗には「勇気もらえる」

[ 2016年6月28日 05:30 ]

宮崎で自主トレサッカー教室を行った日本代表MF香川

 ドルトムントの日本代表MF香川真司(27)が、将来的な代表引退の可能性を否定した。27日に宮崎市内で自主トレを開始。メッシのアルゼンチン代表引退表明を受け「自分は日本代表の監督が戦力としてくれるなら戦える限り戦いたい。代表を勝たせるために先頭に立ってやり続けたい」と強調した。尊敬するJ2横浜FCのカズのように現役である限り侍ブルーを目指し続ける考えだ。

 南米選手権決勝のメッシのPK失敗にも言及。自身も15年アジア杯のUAE戦でPKを失敗した苦い経験があるだけに「世界最高の選手でもPKを失敗するというのは逆に勇気をもらえる」と語った。3日のブルガリア戦で負傷した右脇腹の痛みは消えこの日はランニング中心の2部練習を消化。C大阪に所属した10年以来となる宮崎で汗を流し、練習後には地元の小学生を対象にしたサッカー教室も開催した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年6月28日のニュース