原博実副理事長、東京五輪期間中のJリーグ中断を示唆

[ 2016年6月28日 05:30 ]

 Jリーグの原博実副理事長は27日、20年東京五輪期間中はJリーグを中断する可能性が高いことを示唆した。

 「いろいろなシミュレーションはしているが、Jリーグをやることの方が難しい。W杯と同じ」と開会式に先立ってサッカーが始まる7月22日から閉会式の8月9日までは、Jリーグを中断する方向だ。「決めてはいないが、日本中が五輪一色の中で、サッカーだけやるのはどうか。他競技もあるし、ギリギリまでやって」と中断は最小限にとどめる考えだ。

 今回のリオ五輪では、代表選手は準備期間も含めて1カ月近くチームを離れるが、大会期間中にリーグ戦を中断すれば、所属チームの負担も減り、不公平感もなくなる。ただ、19年のラグビーW杯については「これは普通にやる」と、大会期間中もJリーグの試合は実施する考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2016年6月28日のニュース