酒井宏 マルセイユ移籍発表 即クラブサイトで“動画デビュー”

[ 2016年6月25日 05:30 ]

マルセイユへの移籍が決定した酒井宏

 フランスの名門マルセイユは23日、日本代表DF酒井宏樹(26)を獲得したと発表した。酒井は今季はドイツのハノーバーに所属もチームは2部に降格、契約も満了したため移籍先を求めていた。

 クラブの公式サイト上では早くも“動画デビュー”。青と白のユニホームを広げながら「とてもうれしい。僕にとってマルセイユはビッグチーム、クラブハウスもビッグ」と英語で語った。また練習場に足を運んだ印象を問われ、そこでも「練習場もビッグ。静かな場所で来週のトレーニングが待ち遠しい」と“ビッグ”を連発した。

 今季マルセイユは13位に低迷したが、過去にはリーグ制覇9回の実績を誇りにかつて元日本代表DF中田浩二も所属した。ドイツ、イングランドの複数クラブ、またモンペリエも獲得に興味を示していたが、フランス屈指の名門が酒井の新天地となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年6月25日のニュース