柏 甲府FWクリスティアーノを完全移籍で獲得発表

[ 2016年6月22日 11:33 ]

柏に完全移籍で加入するクリスティアーノ

 柏が甲府のFWクリスティアーノ(29)を完全移籍で獲得したと22日、発表した。

 昨季、期限付き移籍で所属して34試合14得点を記録。今季は保有権を持つ甲府に復帰していたが、得点力アップに向けて完全移籍での出戻りオファーを出していた。

 今季の柏はメンデス前監督が開幕から3試合で1勝もできずに電撃辞任。家族の健康上の問題と発表されたが、事実上の解任だった。バトンを受けた下平監督がチームの立て直しに成功。現在は6勝5分け5敗で7位につけている。

 クリスティアーノは甲府の公式サイトを通じて「私にとって最も難しい決断でした。甲府の事は全部大好きです。特にサポーターとファンの皆さんには心を込めて感謝しています。最高の応援です。クラブと話をしましたが、夜中に何度も目が覚めました。 結論としては移籍をする事になりました。家族の事も考え日本でサッカー人生を引退したいと思っていることが移籍を決断した大きな理由です。大切な時期でチームから離れるのは心が痛みます。私はヴァンフォーレ甲府がJ1に残留して欲しいです。いつも応援しています。数年後、ヴァンフォーレ甲府に復帰する事が可能であれば、またプレーしたいです」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2016年6月22日のニュース