PR:

五輪OA枠、最後の1人は興梠正式決定「返答を待ってる状態」

 日本サッカー協会は、男子のリオデジャネイロ五輪代表で3人まで招集可能な24歳以上のオーバーエージ(OA)枠選手をFW興梠慎三(浦和)とDF藤春広輝(G大阪)塩谷司(広島)に決めた。予備登録した35人の中にほかのOA選手は含まれていない。

 OA枠は既に藤春、塩谷の2人の起用が決定。興梠については、本人や浦和と調整中。手倉森誠監督は「今は(返答を)待っている状態だ」と説明している。興梠が出場しない場合、FW陣は23歳以下の選手だけで臨むことになる。五輪代表18人は7月1日に発表される。

[ 2016年6月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:09月26日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム