J2群馬 鳥栖からFW平が育成型期限付き移籍

[ 2016年5月20日 18:17 ]

 J2群馬は20日、J1鳥栖からFW平秀斗(ひら・しゅうと、21)が育成型期限付き移籍で加入することが決まったと発表した。期限付き移籍期間は2016年5月23日から2017年1月31日まで。

 鹿児島県出身の平は1994年6月25日生まれの21歳で、身長1メートル70、体重66キロ。佐賀東高から13年に鳥栖入りしたが、J1リーグ戦出場はなく、U―22選抜として14年にJ3リーグ戦14試合に出場して2得点をマークしている。

 平は群馬を通じ、「ザスパクサツ群馬に関わる全ての方々、はじめまして、期限付き移籍でサガン鳥栖から来ました平秀斗です。チームのために、結果だけにこだわって全力で戦います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」とコメント。

 鳥栖を通じては、「高校を卒業して、プロ1年目で加入してお世話になったこのサガン鳥栖で、結果を残せずに新天地へいくのは悔しい思いもありますが、ザスパクサツ群馬で結果を残せるように、そして、もっと上にいけるようにしっかり頑張ってきます。ファン、サポーターの皆さま、今まで応援して頂きありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年5月20日のニュース