橋本 攻めの守備披露 手倉森監督も手応え「可能性感じた」

[ 2016年5月12日 05:30 ]

<U23日本・ガーナ>攻めの守備を披露した橋本(左から2人目)

国際親善試合 U―23日本3―0ガーナ

(5月11日 ベアスタ)
 橋本はボランチで初出場初先発。素早い寄せで相手からボールを奪うなど積極的な守備を披露した。

 本人は「まだまだ」と振り返ったが、手倉森監督は「(持ち味の長い)リーチでアフリカ勢の攻撃の芽を摘んだ。可能性を感じた」と評価した。さらに大島、井手口を含めたボランチ勢に「(不在の主将・遠藤)航を忘れさせてくれるぐらいの活躍だった」と称えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年5月12日のニュース