FC東京、2度目のACL決勝T進出!前田2発で公式戦6試合ぶり白星

[ 2016年5月4日 20:53 ]

<FC東京・ビンズオン>前半、先制ゴールを決めるFC東京・前田(20)

ACL1次リーグE組 FC東京2―1ビンズオン

(5月4日 トゥダウモット)
 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は4日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、E組のFC東京は敵地でビンズオン(ベトナム)と対戦。FW前田遼一(34)の2ゴールで勝利を収めて2位に浮上し、2012年以来2度目の決勝トーナメント進出を決めた。FC東京の公式戦勝利は6試合ぶり。

 FC東京は前半21分、MF水沼のスルーパスを受けたMF橋本が右サイドからクロスを上げ、これにFW前田が頭を合わせて先制。後半10分には、前田が利き足とは反対の左足でミドルシュートを決めた。

 後半23分には丸山が与えたPKを元J2札幌のレコンビンに決められ1点差に詰められたが、同点は許さず。試合前のE組3位から2位に浮上し、自力でベスト16入りを決めた。

 日本勢は昨季ACL4強のG大阪と昨季J王者の広島が最終戦を待たずに1次リーグ敗退。E組2位となったFC東京は、すでにH組2位で1次リーグ突破を決めていた浦和とともに決勝トーナメントへ進んだ。FC東京は決勝トーナメント1回戦で上海上港(中国)と対戦する。

 ▼城福監督 内容はともかく結果が出て良かった。我々は次に進めることが光栄なので、とにかく精いっぱい戦いたいし、まずは次のJリーグで自分たちの目標をしっかり取り戻して上海上港戦に備えたい。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年5月4日のニュース