PR:

佐々木氏 女子大副学長に就任「指導という意味では変わらない」

十文字学園女子大副学長に就任し、会見に臨んだサッカーなでしこジャパンの佐々木則夫前監督
Photo By スポニチ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫前監督(57)が十文字学園女子大(埼玉県新座市)の副学長に就任し、28日、都内で就任会見に出席した。同大が目指す人材育成像に対する提言、学生への特別講義や集中講義、教職員に対する研修などを担当。サッカー普及・指導を通じた地域スポーツの活性化の役割も担う。

 同校から「熱い要請があった」ことを明かし「次世代の人材育成担当ということで、様々な世界も見て、様々なことを学び、総合的な要素で伝えられたら」と意気込んだ佐々木氏。

 理想とする教育者像を聞かれると「実際にサッカーの指導者と学校の先生であっても“指導”という意味では大きくは変わらないと思う。教師というのは常に学びを忘れてはいけない。自分も学び、今までのものだけじゃなく、先を見てベースをプラスαして伝えられるかだと思う。学校のナイズにとらわれず、私らしくアプローチしていきたい」と語った。

[ 2016年4月28日 14:07 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:10月22日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム