浦和FW武藤 プロレス武藤と“合体”で真のデュエル学ぶ

[ 2016年4月7日 08:41 ]

武藤敬司(左)に「プロレスLOVE」ポーズを指の形を直される浦和・武藤

 浦和のFW武藤がプロレス界の武藤に学んだ。

 5日のACL広州恒大(中国)戦で決勝点を決めたアタッカーは、ゴールパフォーマンスを“借用”したこともある同姓のプロレスラー・武藤敬司率いる「レッスル―ワン」(後楽園ホール)に招待され、試合を観戦。同選手が出場する試合前にはゲストとしてリングに上がり、花束を贈った。

 「(戦いが)激しいと思う。ワクワクする」と話していた通り、リング上で繰り広げられた戦いは、日本代表のハリルホジッチ監督が求める“デュエル(球際の戦い)”そのもの。「元気を与えるプレーを見せてくれると思う。パワーをもらって試合につなげたい」。好調を維持する武藤はプロレスラーを手本に?浦和でのタイトル獲得、日本代表返り咲きを狙う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年4月7日のニュース