ハリル監督、岡崎絶賛「私のサッカー人生でもまれ」宇佐美は「我慢して使う」

[ 2016年3月17日 15:44 ]

レスターの日本代表FW岡崎慎司

 日本サッカー協会は17日、18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア2次予選のラスト2試合となるアフガニスタン戦(24日)、シリア戦(29日、ともに埼玉)に臨む日本代表メンバー24人を発表した。

 勝ち点16でE組1位の日本に対し、1差の勝ち点15で2位につけるシリアとも対戦する今回の2次予選。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)は「この2試合は重要。1位でいきたいと思っています」と1位突破を宣言し、「チャレンジしたいのは、できるだけたくさんの点を取ることが重要」とゴールにこだわりを見せた。

 また、「本田はチームでは右サイドハーフだが、代表ではFWで使いたい」とFW本田圭佑(29=ACミラン)はFWとして起用することを明言。FW宇佐美貴史(23=G大阪)に関しては「日本のフットボール界にこのようなタレントは少ない。我慢して、励ましてつかっていく」とし、FW岡崎慎司(29=レスター)については「本当に模範的な選手。私のサッカー人生でもこのように頑張る選手はまれだ」と全幅の信頼を寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月17日のニュース