G大阪 本職右SB不在危機…神戸戦では初瀬か今野を起用も

[ 2016年3月17日 10:42 ]

 G大阪が右サイドバック不在の緊急事態に陥る可能性が出てきた。敵地でのACL上海上港(中国)戦から一夜明けて帰国後、吹田市内の練習場でリカバリーを行ったが左大腿を痛めて交代した韓国代表DFオ・ジェソクだけでなく、日本代表DF米倉も左足付け根痛を訴えた。

 19日には8連戦ラストとなるリーグ神戸戦。出場できるかどうかは17日の状態次第だが、長谷川監督は「候補は初瀬?そうですね。あとは今ちゃんを右に出すか…」と、有事の際にはプロデビューの甲府戦で決勝アシストしたU―19代表の新鋭か、“守備のスペシャリスト”今野を起用する方針を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月17日のニュース