岡崎、オーバーヘッドV弾!「後で50回ぐらい見返すと思う」

[ 2016年3月15日 10:15 ]

ニューカッスル戦の前半、オーバーヘッドシュートで先制ゴールを決めるレスターの岡崎

 プレミアリーグで首位に立つレスターの岡崎慎司は14日、ホームのニューカッスル戦に先発し、前半25分にオーバーヘッドキックで決勝点を挙げた。リーグ戦は今季5点目。後半20分に退いた。チームは1―0で勝ち、残り8試合で2位との勝ち点5差を保った。

 オーバーヘッドキックで鮮やかに決勝点を決めた。「いつも狙っていたプレーが(点に)つながった」とうれしそうに言った。

 派手なゴールだった。0―0の前半25分。左からのクロスが右に流れたところを、味方が右から折り返した。岡崎はゴールに背中を向けたままジャンプし「素早く反応できた」と瞬時にオーバーヘッドキック。右足で叩きつけたシュートはゴール左隅に突き刺さった。自身はシュートが入った瞬間が見えなかったそうだが「歓声で分かった。後で50回ぐらい見返すと思う」と胸を張った。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年3月15日のニュース