阪口&近賀 節目の代表100試合出場も「知らなかった」

[ 2016年3月10日 05:30 ]

<日本・北朝鮮>ゴールに迫る阪口(左)

リオ五輪アジア最終予選 日本1―0北朝鮮

(3月9日 金鳥スタ)
 なでしこジャパンの阪口と近賀がともに国際Aマッチ100試合出場の節目を迎えた。

 守備的MFで攻守に持ち味を見せた阪口は試合数について「そんなに出ていたのか、という感じ。知らなかった」とあっけらかんと笑った。

 右サイドバックの近賀は雨で濡れたピッチに苦しむ場面もあったが、後半にはシュートも打つ積極性は失わなかった。今後については「ただ好きなサッカーをやってきた。それは今までと変わらない」と出場キャップを積み重ねる決意を示した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年3月10日のニュース