32歳大野、Aマッチ通算40ゴール 報道陣の問いかけには応じず…

[ 2016年3月7日 23:10 ]

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選 日本6―1ベトナム

(3月7日 金鳥スタ)
 32歳の大野が2013年6月以来となる国際Aマッチ通算40点目で勝ち越し点を決めた。1―1の前半終了間際、岩渕が落としたボールを直接左足で合わせ、ゴール左上の隅に突き刺した。

 22歳の横山ら若手に押され、合宿でも控え組での調整が続いた。先発したオーストラリアとの初戦では前半40分に屈辱の交代。苦しい立場に追いやられていたが、日本の屋台骨を支えてきたベテランは敗退が決まって迎えた一戦で意地を見せた。出場権を失った悔しさからか、試合後は報道陣の問いかけに応じなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年3月7日のニュース