なでしこ守備陣踏ん張れず GK福元「連係が取れてなかった」

[ 2016年3月4日 23:21 ]

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選 日本1―2中国

(3月4日 金鳥スタ)
 守備陣が大一番で踏ん張れなかった。後半13分、ミドルシュートを打った相手に寄せ切れず2点目を与えた熊谷は「自分たちが先制点を取る形に持っていけてない。後ろのもろさが出ている。結果とともに痛感している」と猛省した。

 1失点目は複数の選手が見合ってバックパスの処理にもたついたことが原因。これまでなら考えられない場面で、GK福元は「はっきりした連係が取れてなかった。出し手と受け手のコミュニケーションが取れていなかった」とこぼした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月4日のニュース