リオ絶望的状況も…なでしこ、予選中の監督交代「考えていない」

[ 2016年3月4日 23:10 ]

リオデジャネイロ五輪アジア最終予選 日本1―2中国

(3月4日 金鳥スタ)
 サッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選で、本大会出場が絶望的となった日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督について、日本サッカー協会の大仁邦弥会長は4日、9日に最終戦を迎える予選を最後まで指揮させる方針を明らかにした。予選中の監督交代の可能性を問われ「全く考えていない」と答えた。

 佐々木監督は敗退が確定すれば予選後に退任する見通し。1―2で敗れた中国戦後の記者会見で「次を目指す中で、指導者として僕がいいかどうか皆さんに検討してもらうことになる」と話し、野田朱美女子委員長は「いろいろ思うところはあるが、最後まで見届けて考えたい」と述べた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年3月4日のニュース