柴崎 1時間歩いた!早期復帰へウオーキングを開始

[ 2016年2月16日 05:30 ]

 鹿島のMF柴崎がウオーキングを開始した。

 急性虫垂炎を発症して9日に手術を受け、全治4週間と診断された。13日には退院しており15日は約1時間、ピッチ周りを歩くなどした。今後は術後の経過を見ながら徐々にピッチを上げていく方針だ。鈴木満常務は「一般的に、プレーできるまで1カ月と聞いている」と説明。28日のG大阪との開幕戦には間に合わない見通しだが、早期復帰を目指していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年2月16日のニュース