G大阪 新人SB初瀬が先発抜てきへ「キックの精度見せたい」

[ 2016年2月14日 05:30 ]

新人BS初瀬は名古屋戦で先発に抜できされる

 今季ユースから昇格したG大阪DF初瀬が、右サイドバックで先発起用される見込みとなった。

 日本代表DF米倉はリハビリ中でDFオ・ジェソクも足に違和感を覚えており、長谷川監督は「初瀬を使おうと思っている」と明言。本職は左サイドバックだが右サイドバックでの適応も見せており大抜てきとなった。昨年の天皇杯決勝でベンチ入りも経験した初瀬は「4万人のスタジアムを楽しめるようにしたい。キックの精度を見せたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年2月14日のニュース