バルサ 主力温存ドローで決勝進出!29戦無敗クラブ新記録樹立

[ 2016年2月12日 05:30 ]

バレンシア戦で同点ゴールを決め、ムニル(左)らと喜ぶバルセロナのMFカプトウム(中央)(AP)

 スペイン国王杯準決勝第2戦の1試合が10日に行われ、昨季王者バルセロナは敵地でバレンシアと1―1で引き分け、2戦合計8―1で3季連続の決勝進出を決めた。

 第1戦で大勝し、主力を温存。後半39分に途中出場の19歳MFカプトウムが同点弾を挙げ、公式戦29戦無敗でクラブ新記録を樹立した。5月21日の決勝でセビリア―セルタの勝者と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年2月12日のニュース