広島 新スタジアム建設目指し3・3説明会 具体案を披露

[ 2016年2月11日 09:42 ]

 広島は10日、新スタジアム建設に向けたプランを説明する記者会見を3月3日に開催することを発表した。かねてから、広島市中区の旧市民球場跡地にサッカースタジアム「ヒロシマ・ピース・メモリアル・スタジアム(仮)」の建設を検討。今回は久保・代表取締役会長の出席のもと、「サッカースタジアムとしての機能と利便性の追求」「外観デザインを含む広島平和記念公園との一体運営」などの具体案を披露することになった。

 これまでに広島は後援会や県サッカー協会と協力し、12年8月に広島県と広島市にスタジアム建設要望書を提出。その後は旧市民球場跡地での建設早期実現に向けて取り組んできものの、積極的な働きかけは実を結んでいなかった。この会見を機に進展が見られるかが注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年2月11日のニュース