C大阪 大熊監督「勝ち点90を取りに行く」ファンの前で誓った

[ 2016年2月7日 05:30 ]

サポーターズコンベンションでユニホーム姿を披露した柿谷(左)と丸岡

 J2C大阪は6日、大阪市北区で「サポーターズコンベンション」を開催し、大熊清監督(51)が約1000人のファンを前に「勝ち点90」を目標に掲げた。質疑応答で今季のノルマを問われ「勝ち点2に試合数をかけた数字。“84”がJ1昇格ライン」と説明。ただ、J2制覇を願う質問者から上方修正を求められると「勝ち点90を取りにいきたいと思います」と笑顔で返した。

 過去に勝ち点90以上を獲得したチームはすべて頂点に立っている。昨季は昇格プレーオフの末にJ1復帰に失敗。謙虚に足もとを見つめ直す一方で、リーグを突っ走る準備は着々と進めてきた。オフには積極補強に乗り出し、J1でも見劣りしない戦力を保持。この日の午前には紅白戦を実施し、スタート時には扇原や関口、丸岡らが控え組に回るほどだった。

 大卒ルーキーのFW沢上がゴールを奪うなど、定位置争いは激化。主力組で玉田と前線を形成した柿谷は「誰とやっても同じようにプレーできるようになれば」と抱負を語った。大熊監督のもと、8日から始まる宮崎での2次合宿でチーム力を高めていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2016年2月7日のニュース