室屋 積極的クロス!チーム唯一の大学生が攻守に存在感

[ 2016年1月27日 05:30 ]

リオ五輪出場を決め笑顔の手倉森監督(左端)と感極まる室屋(12)

U―23アジア選手権準決勝 日本2―1イラク

(1月26日 カタール・ドーハ)
 U―23日本代表DF室屋は右サイドバックで先発し、豊富な運動量を見せた。

 後半13分に久保のパスから右サイドを突破してクロスを送るなど積極的に攻撃参加。守備も体を張って最終ラインに安定感をもたらした。中学まで所属した大阪ゼッセル熊取FCでチームメートだった南野と右サイドでコンビを組み、息の合ったプレーを披露。明大在学中のチーム唯一の大学生が存在感を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2016年1月27日のニュース