PR:

南野「良いイメージ」イラク戦でゴール再び!五輪切符獲得だ

軽快な動きを見せる南野

U―23アジア選手権準決勝 日本―イラク

(1月26日 カタール・ドーハ)
 リオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU―23アジア選手権に参戦中のU―23日本代表の準決勝(26日)の相手がイラクに決まった。MF南野拓実(21=ザルツブルク)にとっては、10年U―16アジア選手権準々決勝で2ゴールを挙げて翌年のU―17W杯出場を決めた縁起のいい相手。今回も自らのゴールで勝利に導き、五輪切符を獲得する。

 対戦相手がイラクに決まり、虎視眈々(たんたん)とゴールを狙う男がいる。南野だ。「U―16(アジア選手権)の時、準々決勝で当たった。点を取って勝った。個人的に良いイメージがある」。その時は2ゴールを挙げてチームを3―1の勝利に導き、翌年のU―17W杯出場権も手に入れた。

 個人的にも大会5得点で得点王に輝いた。その活躍が評価され、U―17W杯前にはFIFA公式サイト上で「日本の最終兵器」と銘打たれた特集が組まれるなど、初めて世界に名を知らしめるきっかけにもなった。今回も6大会連続となる五輪切符が懸かった一戦。当然、予選突破を決める一発を陥れる考えだ。

 “不調”を脱する。大会前に行われた6日のU―23シリア戦では、昨年3月のリオ五輪アジア1次予選から約10カ月ぶりの合流だったにもかかわらず、いきなり2得点を決めて存在感を示した。しかし、大会に入ってからは出場3試合で無得点。「いい時はシュートまでスムーズに行けるがこの大会ではなかなかない。次までに修正したい」。22日の1次リーグ最終戦のサウジアラビア戦ではアシストも記録し、連係もあってきた。得点までの道のりは見えてきている。

 ドーハでのイラク戦。思い起こされるのは93年の“ドーハの悲劇”だ。94年W杯米国大会のアジア最終予選、日本は後半ロスタイムに失点しイラクと引き分け、W杯初出場を逃した。南野はまだ生まれていなかったが、元日本代表FW中山雅史と話す機会があり、当時のことを知った。「“俺らの時は(世界大会に)出るのが当たり前じゃなかった。今は(出て当たり前という)プレッシャーがある”と言われました」。6大会連続切符を懸けた大一番。プレッシャーはある。それでも、悲劇を知らない世代が日本の苦い記憶を払しょくする。

[ 2016年1月25日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:08月19日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム