ネイマール弾!バルサ先勝、国王杯4強進出に前進

[ 2016年1月21日 11:39 ]

スペイン国王杯準々決勝ビルバオ戦、ゴールを決めたバルセロナのネイマール(AP)

スペイン国王杯準々決勝第1戦

(1月20日)
 スペイン国王杯準々決勝第1戦の2試合が20日に行われ、昨季王者バルセロナはアウェーでビルバオを2―1で下した。FWメッシを温存し、FWスアレスが出場停止で欠場したが、FWネイマールらの得点で準決勝進出に大きく前進した。

 昨季決勝と同じ対戦となった一戦でバルセロナは、ネイマール、FWムニル、FWアルダの3トップを起用。前半18分アルダを起点に、MFラキティッチが右サイドを突破すると、絶妙なクロスにムニルが左足で合わせて先制。

 同24分には相手守備のミスを見逃さなかったネイマールが、ペナルティーエリア内でボールを奪って加点した。追加点を奪うことはできなかったが、反撃を終盤の1点に抑えて逃げ切った。

 4年ぶりの優勝を目指すアトレチコ・マドリードは、アウェーでセルタと0―0で引き分けた。

 準々決勝残り2試合は22日に行われ、バレンシアはホームでラスパルマスと、セビリアはホームで2部ミランデスと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年1月21日のニュース