岡崎、途中出場もレスター苦杯 FA杯3回戦

[ 2016年1月21日 10:19 ]

 サッカーのイングランド協会(FA)カップ3回戦の再試合が20日、各地で行われ、レスターの岡崎慎司はホームのトットナム戦で後半開始からFWで出場したが、好機にほとんど絡めなかった。試合は0―2で敗れた。

 岡崎は1点を追う後半開始から投入されたが、相手に押される展開の中、シュートを打てずに終わった。「常にシュートを意識しているが、狙う場面がなかった」と苦笑いしながら言った。

 カップ戦の敗退が決まり、今後はプレミアリーグの戦いに専念することになる。チーム内でFWとしての存在感を増し、ここまでの4得点からさらに上積みが期待できそうだ。岡崎は「10点はいきたい。1試合2点が1度あったらいけると思う」と意欲をみなぎらせた。(共同)(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年1月21日のニュース