手倉森監督 イラン攻略法は前半我慢、後半一気に畳み掛ける

[ 2016年1月21日 05:30 ]

練習でランニングする(左から)南野、井手口、山中、三竿、大島

U―23アジア選手権兼リオ五輪アジア最終予選準々決勝 U―23日本代表―U―23イラン代表

(1月22日 カタール・ドーハ)
 手倉森監督がイラン攻略法を明かした。「今までのやり方で球際をもっと強めてやれるか。攻守の切り替わった瞬間が勝負」と、ポイントを挙げた。

 分析によると持久力では日本に分があると見ており、「後半の強みはウチにある。しっかりコントロールできるか」と、前半は我慢して、折り返してから一気に畳み掛ける考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年1月21日のニュース