湘南・三竿 U23代表の弟・健斗から刺激「いつか日の丸を」

[ 2016年1月21日 05:30 ]

U23代表・健斗の兄、湘南DF三竿

 湘南DF三竿が、リオ五輪アジア最終予選に参加中の弟・健斗に刺激を受けた。弟が4―3―3のアンカーで今大会初先発した19日のサウジアラビア戦は、前半のみテレビ観戦。

 「(チームで)一番若い年代で出て、しっかりチームの勝利に貢献できているので、うれしいですよね」と目を細め「自分もいつか日の丸をつけたい」と誓った。自身は年代別を含めて日本代表歴がないが、まずはチームで結果を残してアピールする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年1月21日のニュース