FIFA、ブラッター氏に現在も給与 賞与はカットと独紙

[ 2016年1月19日 10:54 ]

 国際サッカー連盟(FIFA)から8年間の活動停止処分を受けたブラッター会長が現在もFIFAから給与を受け取り、汚職疑惑で解任されたバルク事務局長の監視義務を怠ったことから賞与をカットされたと18日、ドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネ(電子版)が報じた。

 FIFAは「来月26日の会長選まで契約上、給与を得る権利がある」と説明。2011年にブラッター会長が同紙に「年俸は100万ドル(約1億1700万円)か、もう少し上」と述べたこと、14年に当時のFIFA理事ら幹部計40人が受け取った報酬は3970万ドル(約46億4500万円)に上ることも伝えた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月19日のニュース