乾が2戦連発 先制弾で圧勝貢献 ゴール裏から「イヌイコール」

[ 2016年1月19日 08:30 ]

グラナダ戦の後半、競り合うエイバルの乾(右)

 サッカーのスペイン1部リーグ、エイバルの乾貴士は18日、本拠地で行われたグラナダ戦に左サイドで先発出場し、前半35分にリーグ戦2試合連続得点となる先制ゴールを決めた。乾は後半27分までプレーし、5―1の大勝に貢献した。

 右からのクロスをフリーで蹴り込んだ乾は「ボールが良かったので決めるだけだった」と笑顔。後半途中までの自身のプレーは「ミスもあったし、球際の弱さも目立った」と反省しながら振り返った。

 ゴール後は、乾がボールを持つたびにゴール裏から「イヌイコール」がとどろいた。本拠地の雰囲気に「ブーイングなんて全くない。本当にやりやすい環境」と感謝した乾。「コンスタントに結果を出すことが大事だと思う」と気を引き締めた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月19日のニュース